インテリアの必殺技

インテリアと言えば、家具の利便性や、デザイン、使い勝手、サイズ、収納力などを重視しがちだと思います。色選びというのは、そういったものが、決まった後に選択可能であれば・・・と最終的に決定する傾向があると思います。ですから、まず色から選ぶ、という方は少ないとのではないでしょうか。しかし、色選びというのは、実は、非常に重要な比重を占めていると言っても過言ではありません。家電製品でも色が選べるように、同じ製品でも色が数種類でているほどですから、色選びの重要性がうかがえます。では、なぜそんなに色選びが大切なのでしょうか。例えば、結婚した時などに家具類を同じお店の同じメーカーの同じテイストで全てひと揃えで買ってしまった方は気づきにくいと思いますが、必要になった時にその都度、あちこちのお店で選定し良い物をみつけたりして選んだ方は、それぞれは良い色で便利で、素敵なものを選んでいるのですが、例えば、同じ白色でも質感や材質などもお店やメーカーによって異なります。そして、あちこち見る方は、値段やサイズを気にすることが多い傾向にあると思います。なぜなら、値段は問わないから、統一感を重視して同じ質感や色などにこだわるという方なら、同じお店であたった方が早くて確実だからです。色選びを最終候補にする方は、色々なお店で購入した場合、部屋の中の統一感はあまりないのではないでしょうか。家の中をナチュラル感で統一させたくてもできない!!という方がいらっしゃれば、恐らく、その購入する際の選び方が原因なのかもしれません。もちろん、色々なお店で選んでも、色選びも重視して、購入時点から、ナチュラル感をだすことも、考えて、選んでいる方なら、家の中が、色々なテイストの家具であふれていて、ナチュラルな統一感が出ないという失敗はすくないかもしれません。

ナチュラルな色とは

ナチュラルな空間にしたい場合にはどんな色をえらべばよいのでしょうか。木の素材が自然にあるものとしてナチュラル感をだすのには最適ですから、木の色でもあるライトブラウンなどを選ぶとナチュラルな空間になりやすいのではないでしょうか。また、家具などによっては、ライトブラウン系の色を『ナチュラル』として表記しているものもあるくらいですから、ライトブラウンはナチュラルの代表的な存在なのかもしれませんね。また、木といえば、緑の葉っぱもイメージされますから、グリーンもナチュラルに相当するのではないでしょうか。

しかし、全てをその色だけで統一するのは、難しいですよね。その場合は、ライトブラウンや、グリーンと相性の良い色を選ぶと良いかと思います。対照的な色では、ナチュラル感はゼロになってしまいます。どういうことかと言うと、例えば、タンスなどは、ライトブラウンなのに、カーテンやカーペットは赤色だったり・・・想像してみると、ナチュラルな色を選ぶというのは、そう難しい事では、ないと思います。では、相性の良い色とは、どんなものでしょうか。オフホワイトという、白色よりは、すこしだけ薄い茶色がまぜたような白色は、とてもナチュラル感が増すと思います。カーテンやカーペットにそういった色を選んでみてください。きっと、素敵なナチュラル空間を演出できると思いますよ!!!!

このサイトならDHA EPAの成分情報などを知る事ができます。